ダイビングで必要なもの

この記事の所要時間: 119

5urqpgvks8muw4dsaダイビングって難しいと思っている方も多いみたいですが、海の中できちんと呼吸することができるので魚と同じように泳ぐことができます。

身に付ける物が色々あるのですが、ちょっとご紹介したいと思います。
まず、呼吸するための器材がレギュレータ・タンクという感じになります。
タンクは呼吸する時に必要な空気が入っていて、レギュレータというものはそのタンクから空気を吸うための器材となります。
とても大事な器材なのですが、自分で購入するのではなくダイビングショップでレンタルするのが一般的となっているようです。

そして着用するスーツなのですが、ウェットスーツというものとドライスーツというものがあり、ドライスーツは体が水に濡れないスーツとなっていて、中に服を着て着用することもできます。
冬にダイビングをする時に必要なスーツとなります。

ウェットスーツは一般的なダイビングのスーツとなるのですが、体に合ったものを着用しないとストレスを感じたりするようなので、頻繁にダイビングをする方は自分のサイズにあったスーツを購入しておくといいと思います。

目と鼻を覆うゴーグルのようなものは【マスク】と言います。
顔の大きさにあったものを使用しないと水が入ってくるという事もありますので、思いっきり楽しめなくなってしまう原因になることもあります。

他にも色んなものがありますが、ダイビングを体験したいという方は全てダイビングショップでレンタルできるので、用意するのは水着とタオルという感じでとてもカンタンです。